namiowelcomeの日記

ギターとバンドと映画と小説と私。たまにプログラム。

silver backs・・・往年の洋楽名曲をカバーして楽しんでるバンド。4月21日、2度目のライブ演ります。バンドの名前は故初代リーダーが付けられたもので "年老いた猿の背中は銀色の毛で覆われる" ということかららしい。 - バンドやめれん -

10代からずっとバンドに親しんで、30歳頃に一時離れ、55歳頃からまた始めた。もうやめれん。 同じような先輩たちと遊んでます・・・ アーティストというより、バンドマン。ずっとそうだった。 往年の洋楽名曲(やまほどある!)を、コピーではなく、それぞれ…

Tattoo'd Lady・・・入れ墨を入れた女性を見ると必ずこの曲が頭を流れる。ブルージーでファンクでポップでクールで、とても自然な感じの彼のスタイルが大好き(過去形にはしない)。彼も惜しくも若くして召されていったんだ。 - Rory Gallagher -

俗にいう黄金進行、王道進行にうまく乗っかった「"Tattoo'd Lady"」という曲を初めて聞いたとき、そのあまりの心地良さに知らず身体が揺れたのを覚えている。47歳という若さで逝ってしまった彼だが、未だに、彼が創った曲が頭をよぎることが多い。 熱く凝縮…

十字路で悪魔に魂を捧げ、Bluesのテクニックを得た伝説の人・こういう超メジャーアーティストはここではいいかな、と思っていたのだが、今回素晴らしいサイトを拝見し、関連付けて紹介しておこう。- Robert Johnson -

"Robert Johnson" の名前を知らなくても、十字路(Cross Road)の名前は聞いたことがあるかもしれない。その伝説を知らなくても、Cream(Eric Clapton) の Crossroads という曲は知っているかも。いや、それさえご存知なくても、Steve Vai が、映画「クロスロー…

さて、そろそろまた私の本命のバンドから・・・おそらくご存知の方は少ないと思うが、80年代に数曲ヒットしているので、もしかしたらご存知? - The Inmates -

このブログでは、超大物はまぁいいとして、あまり知られていない、あるいは忘れてほしくないアーティストの映像探しとまとめをしながら、みなさんに紹介しているのですが・・・ 色々聴いてきてまだまだたくさんのアーティストを紹介しようと思ってますが、時…

最近名前を聞かなくてさみしい天才がもうひとりいたね。The Band という最高のグループを率いていた、天才ギタリスト。こんなエレガントで個性の強いフィーリングのギタリストはもう出てこないのだろうか。 - Robbie Robertson -

先日、"Mike Bloomfield" という天才ギタリストを紹介した。最近名前を聞くこともなくさみしい限りだが、決して忘れられない、忘れるてはいけない人・・・もう一人いたな。"The Band" という名前の通り最高のバンドを率いて、素晴らしい音楽を創り、残してく…

久しく名前を聞くことがないが、この天才の Blues フィーリングを忘れられない。30代で召されてしまったが、存命なら音楽の歴史も大きく変わっていたことだろう - Mike Bloomfield -

事務所引っ越しの影響で(あぁ、言い訳だな)、ブログ更新が滞ってしまった。まだまだ数多く紹介したいアーティストがいるのだから、続けなきゃ。ねぇ、林さん(故人で恩人の大好きだった人)。 Bluesの持つ魅力にとり憑かれ、LPレコードを漁っていた頃、と…

(遅ればせ、あぁ2回目か)新年おめでとうございます。私事ですが、事務所を吉祥寺から一駅、三鷹に引っ越しました。本年もどうぞよろしくお願いします。

新年おめでとうございます。この挨拶はもう遅いとは思いつつ・・・ 本日、事務所引っ越しを行い、8年間お世話になった吉祥寺から、一駅 三鷹に引っ越しいたしました。 今年の抱負、目標、いや、願い、希望を・・・ このブログで一度お伝えしたように、現在…

新年おめでとうございます。スタートを幸せな気分で切れる、ある意味理想的なスーパーグループがあるよ。こんなバンドを皆、いつか演りたいと思っている(と思う)。 - Traveling Wilburys -

皆、ビッグネームなのだけど、一応覆面バンドとしてスタート。(それぞれ、"Nelson Wilbury:これは、ジョージ" とか、名前を付けてるのも楽しい)) 驚いたのは、あらゆるジャンルで名を成したスーパースターたちの組み合わせが、単に名寄せの感じではなく、…

はてなブログに、どうやれば、楽に目次ページを創るか・・・そうだ!はてなブログをスクレイピングしてやろう! - プログラムではてなを攻略 その 計画と結果-

久しぶりにプログラムの話を・・・ 毎日複数のプロジェクトでプログラムを書いている。そんな忙しい状態でも、この "はてなブログ" の "カスタマイズ" 事がずっと気になっていた。会社の同僚に進められて、この はてなブログ を始めたのだけど(どうもありが…

マイ・シャローナで爆発ヒットのその後、当時は情報得られなかったが、さてどのような変遷をたどったのか? 今でも強く印象に残る唯一無二のリフスタート。このバンドも忘れられない。 - The Knack -

昨日紹介した、"Mungo Jerry" と同じく 70/80年代に活躍 した、"ママママ, マイーシャローナ バンド The Knack"。今と違って、わずかなTV情報と雑誌を頼りに状況を得てた当時は、この1曲の爆発的ヒットの後は、さも消えたかのように思えたものだが・・・ さ…

最近元気ない? やな事あった? お奨めのバンドがあるよ。70年代、スマッシュヒット連発のこのバンド。まだ、(変わらず)演ってる。元気になりたいときに最高だよ。 - Mungo Jerry -

Blues や Rock, Country 様々な音楽飛び交うし大好きなんだけど、"Mungo Jerry" は、Mungo Jerry なんだな。 元気になりたいとき、ここに来て聴いてね・・・ 甘くて柔らかくて、それでいて、飽きない Mungo Jerry いいよー Mungo Jerry って言えば、In The S…

カウボーイハットの似合う男、John Lee Hooker?, Otis Rush?, それとも? この男を忘れないでくれ。Bluesの枠に押し込められることを嫌い、Bluesの枠を大きく跳ね上げたジャンプ・ミュージックの立役者 - Clarence "Gatemouth" Brown -

ちょいと、日が開いた。 カウボーイハット。憧れるなぁ。頭でかいから似合わないけど、ハットをかぶってスリムな身体で手を挙げる・・・John Lee Hooker や Otis Rush 格好いいよね。でも、一番似合ってて、奏でる音楽もイキで気分がいい(何より、フィドル…

現在76歳にして、ギターマスター。憧れの彼を最初に聞いたのは、Green Onion。ソウル創成期、黄金期から活躍し続ける偉大なギタリストを想う - Steve Cropper -

1941年生まれで、20歳上だから、今は76歳! その彼が未だ現役でLIVE続けている姿をYoutubeで見かけ、感銘を覚えたのは、昨年のことだ。 今も元気で活躍されていると思う・・・ソウルの創成期・黄金期、スーパースター達を、支え、創り続けてきた、Super Guit…

妹尾 隆一郎さんが、召されてしまった! 信じられない。日本のBlues音楽を牽引され続けて、まだまだ活躍を期待されてたのに。20代の頃少しお世話になったことを想い出し、涙止まりません - 妹尾隆一郎 -

こんな形で、妹尾さんを紹介することになるとは夢にも思わなかった。このブログでは基本、敬称略で記述していますが、今回は、"妹尾さん" でゆきたいと思います。 日本の Blues界に偉大な足跡を残し(いや、まだまだ歩いていらっしゃった)、ハープの面白さ…

さてこれ見ていただいている方、何人ご存知か? ひたすら、Rock'n Roll に明け暮れたバンド。いや、現在進行形の 1本通しのRock'n Roll Band!! 大好きだ! - Status Quo -

私事ですが・・・ ※事務所の引っ越しほぼ確定(明日本確定)・・・シェア仲間引越>後釜決まらず>更新期限明日 ※初めてのLIVEハウス飛び入りセッション・・・様々な個性のアーティストに遭遇。刺激受けまくり ※仕事超忙し、別に儲けはたいしてない・・・必要…

この人もミュージシャンズミュージシャン。独特なピッキングスタイルが世界を創り、世界を変えた。今も現役で活躍し続けるフィンガリングヒーロー - Mark Knopfler -

Eric Clapton が笑っている。控えめに後ろに立ち、サイドバッキングに徹している。そのとき、センターで軽妙な指さばきでギターを弾いていたのは、独特で軽快なフィンガリングで私たちを虜にした、"Mark Knopfler" だった。 これは、Youtube で二人の共演映…

レスポールなら Jimmy Page、ストラトなら Jeff Beck。じゃ、テレキャスなら?・・・ただ、音だけで魅了してきた男。孤高のギタリスト 彼に夢中になった頃 - Roy Buchanan -

1939年生まれで、1988年に、残念ながら48歳の生涯を閉じた、"Roy Buchanan"。もし存命なら、その後どんな美しいサウンドを聴かせてくれたことだろう。派手な演出があるわけでもなく、見た目の格好良さを押し出すわけでもなく、ただ、Telecaster を使って、音…

60年代から、ビッグネームを渡り歩いて、いつも誰かの側にいた男。凄いいい感じのポジションで、ぶれることなく転がり続ける人生。彼こそ Rolling じゃないか - Ron Wood -

今の The Rolling Stones ノメンバーは、誰もが知る通り、 Mick Jagger Keith Richards Charlie Watts Ron Wood ・・・any more だ。なんか、"Ron Wood" って、いつのまにか固定メンバーになったよね、ていう感じだった。(正式には、1993年から、という事ら…

思春期の心を鷲掴みにして、いつの間にかいなくなってしまった、80年代に活躍した、女性ロックアーティスト達。たくさん居るけど、今日は、まず、彼女のことを想ってみようか - Suzi Quatro -

現代、人気の女性ミュージシャン、気になる女性ロッカーはいます。Orianthi Panagaris, Laura-Mary Carter, Lauren Larson ・・・ でも、70/80年代に、男たちを虜にした強烈な女性ロッカーのような存在は、少なくなっているような気がしてならない。・・・時…

Don't Worry Baby で アメリカの狼たちにノックアウトされた・・・上京したての頃、ルーツ・ミュージックとメキソコ音楽を伴った彼らの登場が、ひどくまぶしかった。 - Los Lobos -

"Los Lobos" と言えば、多くの方は、「あぁ、あの "La Bamba" の歌の人たちね」って答えるかもしれない。1987年、私ももう東京の水にどっぷりと浸かり始めたころだ。映画「ラ★バンバ(Buddy Holly と一緒に飛行機事故で亡くなった Rock'n Roller Ritchie Val…

ブルースにエレキギターを持ち込んだ最初の人といわれる。でも、それよりも、ギタリストにエンターテインメントを持ち込んだ最初の人って感じなんだけどな・・・私的に。 - T-Bone Walker -

インターネットが普及し、Youtube でたくさんの動画を簡単に観れるようになった時、最初に感動したのは、動く "T-Bone Walker" を観れたことだった。彼の歴史的な功績は「ブルースにエレキギターを持ち込んだ最初の人物」と言われるけど、それよりも、30年近…

WEBプッシュ 2017年12月 最新の試行報告:iOSへの課題はあるけれど、最前線は百花繚乱。WEBプッシュサービスを利用して、アプリ開発ではない、プッシュ機能付きのWEBサービスを創る - その1-

少し、 "プログラム" のお話を。 あるプロジェクトでの要請から、最近気になっている「WEBプッシュ通知」について、調査・試行している。iPhone や Android携帯では当たり前の、アプリから自動的に送られてくる「プッシュ通知」。これを次の2つの観点で、調…

12月8日 ジョンが召された日だよね。色々なところで、彼へのリスペクトが公開されてる。ここでは、John のギターについて調べて見ようかな。名ギタリスト、だよね。 - John Lennon -John

1980年12月8日(NY時間)、"John Lennon" が、ダコタ・ハウス(New York)で凶弾によって亡くなってしまったことは、多くの人に深い悲しみと絶望(さえ)を与えた。 それから、40年近く、何度「今、"John Lennon" が生きていればなぁ」と思ったことだろう。昨日…

どうして日本に来てくれないの!? 今年デビュー50周年を迎えた 一番好きなボーカリスト。死ぬまでに絶対観たい!生で聴きたい! - Van Morrison -

"Van Morrison" は、多くのアーティストに慕われ尊敬され続けている、まさに生けるレジェンドだ。今年、ソロ・デビュー50周年を迎え、9月には新作を出した。(Roll With the Punches) ※ソロ・デビューで 50周年だからね。THEM の時代からだとどれだけ長く活…

Dr. feelgoodは、フロントマンであり、スターである、Lee Brilleaux のバンドだったんだよ by Wilko Johnson. me too. - Lee Brilleaux -

"Dr. feelgood" と言うと、「あ、Wilko Johnson のバンドね」って返されることは、多い。 だが、アメリカの "Good Rockin'" "The Fabulous Thunderbirds" を率いているのが、タフで個性的な "Kim Wilson" であるのと同様、このバンドを率いて有名にしてきた…

師匠でもある、恩人・F氏から譲り受けた宝物。人生(ほんの少し)落ちた時も、これだけは絶対手放せなかった。1974年製 - Gibson ES-335 TD -

このブログのお題のひとつである "ギター"。まずは自分の愛用するギターをさかなに、少し書いてみようかな・・・最初は、もう30年以上前に、故郷で恩人のF氏から譲り受けた、一番の宝物 このギターが似合うような職人になる道のりは、まだまだ果てしなく遠い…

名曲量産バンド CCR。知らないっていう人がいる(!) からほんと驚き。多くのアーティストに影響与え、歌い継がれ続ける曲を創り続けた、このバンド。今日は昨夜の続きだ - CCR(Creedence Clearwater Revival) 2回目 -

CCR って知らないけど、Proud Mary は知ってるという人はいた。Have You Ever Seen The rain?(雨を見たかい) を聴かせて、「あっこの曲知ってる」という女の子もいた。もっと聴いてほしいね。素敵な曲ばかり。 わずか4年の間に、とんでもなく多くの名曲を…

名曲のオンパレード! とても1回で、紹介・まとめるのは不可能。永遠のR&R Band!(私には) - CCR(Creedence Clearwater Revival) 1回目 -

The Beatles もそうだけど、このグループも、数多くの名曲を創ってきた。驚くばかり。どの曲を聴いても、いいなぁって心から思える。John Fogerty の才能なんだろうけど、このメンバーでしか出せない音でもある。 昨夜も、Youtube で今でも元気に、本気で、…

ベストアルバムが今月リリースされた、彼らの新曲「Back In The USA」の疾走感。遅咲きのファンですが、これからもよろしく! - Green Day -

このニュースを聞いたとき、あぁ、やっと出してくれたね、とは思った。 けれど、ベストアルバムかぁ、とがっかりもしたな。 俗にいう、Punk Band はあまり聞いてこなかったけれど、私にとって、彼ら Green Day は別。ずっと気になっている 大好きな R&R Band…

80歳まで活躍。Howlin' Wolf を支えた、いぶし銀のギター職人。彼を手本に学んだ日々を想い出して - Hubert Sumlin -

独特な歌声で強く印象付けられる Howlin' Wolf の成功の陰には、職人 Hubert Sumlin の存在があった。 惜しくも、2011年12月4日(もうすぐ命日)に、心臓発作のため亡くなった( その葬儀費用は、Stonesのミックとキースが全額負担したんだよね)が、80歳まで…